天涯の青を映す/(数寄)
- 2013/11/22(Fri) -
 渋谷にある、陶磁器専門の戸栗美術館は、実業家・戸栗亨が蒐集した東洋陶磁器を主に保存・展示。主な収蔵品は約7000点に及び、伊万里や鍋島などの肥前磁器、中国・朝鮮の陶磁器の名品を間近に見ることができる。

 ハチ公前交差点から109をへて東急を過ぎ、Bunnkamuraの裏手から観世能楽堂に向かう坂道に至ると、渋谷の喧騒がウソのような、静かな高級住宅街となる。本当に、ここが渋谷かと疑いたくなるほどの通りの雰囲気の変わりようは、突然異界に迷い込んでしまったような、不思議な感覚さえする・・・。

 能楽堂から少し行けば、戸栗美術館に到着する。私は、比較的小ぢんまりとしたこの美術館が好きで、年に何度か、足を運んでいる。


 一昨日、たまたま渋谷で仕事があり、ちょうど取材と取材の合間が2時間ほど開いていたため、駅から歩いて15分ほどの場所にあるこの美術館に、久しぶりに立ち寄ってみた。

 するとなんと、うれしいことに企画展が「館蔵 青磁名品展―翠・碧・青―」ということで、私の大好きな青磁の逸品の数々をじっくりと見ることができた。

1120_posuta-.png


 なかでも、この美術館の収蔵品である「青磁染付 雪輪文 皿 鍋島」は、これまでもここで何度も見たが、しかし何度見ても飽きない。

130718_04.jpg
▲青磁染付 雪輪文 皿 鍋島 江戸時代(17世紀末-18世紀初)


 また私は、象嵌を施した高麗青磁も好きだ。青磁の上品さの中に、素朴な象嵌が加えられることで、なにか民藝的な温かさが宿るような気がする。

130718_02.jpg
▲青磁象嵌 蒲柳水禽文 鉢 高麗時代(1269/1329年)


 青磁の深い青、あるいは淡い青、はたまた柔らかい緑の色合いを見ていると、古代から中世の人々が愛した色彩の不思議な透明さに包まれるようで、なんとも心地よい。

 「雨過天青、雲破ルル処」と評された、「青」の磁器に囲まれて、至福の時間を楽しむことができた。

 本企画展は、12月23日まで開催中である。

 (了)
スポンサーサイト
この記事のURL | 数寄 | ▲ top
| メイン |