最も古い手裏剣術の一形態・飛刀術/(手裏剣術)
- 2013/11/28(Thu) -
 当庵では、例年夏と冬に、友好団体である 岐阜県の中津川市、恵那市で活動する戸山流居合抜刀術 美濃羽会 中津川稽古会との合同稽古・手裏剣術稽古会・納涼/忘年会を行っている。

 今年も冬の合同稽古・忘年会が近づき、「さて、今回の手裏剣術講習会のテーマは、何にしようか・・・」と思案していた。そんなとき、中津川稽古会のO先生より、「今回の剣術・抜刀術の合同稽古では、テーマを小太刀にしようと思う」とのお知らせをいただき、ならばそれに連動して、手裏剣術の講習会では脇差を手裏剣に打つ、飛刀術をメインテーマにしようと考えた。


 現在、当庵の飛刀術は、

一本目 上段
二本目 八相
三本目 脇構
四本目 鞘遣上下二刀
五本目 切先返

 以上の四つの形を稽古している。


▲飛刀術基本形、二本目「八相」



▲ 飛刀術基本形 鞘遣上下二刀(ハイスピードカメラ撮影)


 脇差を手裏剣に打つ業は、最も古い手裏剣術の形態のひとつであり、古くは『大阪軍記』や『常山紀談』にも記録が残されている。現在も古流剣術諸派の形にそれを見ることができるが、実技として実際に脇差を手裏剣に打つ稽古を、系統的かつ継続的に実施している流儀・会派は、本邦でも少ないと思われる。

 居合・抜刀術や剣術を嗜む武術・武道人であれば、こうした業があることを知っておくことも、無駄ではないだろう。


 余談だが、映画版の『鬼平犯科帳』で、居合を遣う刺客に泥田に追い込まれた中村吉右衛門演じる長谷川平蔵が、起死回生の一手として遣ったのが、脇差を手裏剣に打つ飛刀術であった。また冥府魔道に生きる元公儀介錯人も、よく脇差や打刀を手裏剣に打っていたものである(笑)。

img_478680_11292921_0.jpg
▲テレビ版『鬼平犯科帳』、初期のオープニングより。やっぱり鬼平は、
吉右衛門だな

 (了)
スポンサーサイト
この記事のURL | 手裏剣術 | ▲ top
| メイン |