朝の光/(身辺雑記)
- 2013/12/17(Tue) -

131217_朝の打剣
▲25年式翠月剣(短)による、二間座打(正座)


 普段、日々の稽古は夜に行うことが多いのだが、気が向いたときは、原稿書きの前など、朝、仕事の前にすることもある。

 今朝は、うちのボロパソコンの起動が異常に時間がかかったため、その待ち時間に20分(!)ほど打剣。

 同じ斜光でも、午後の陽射しはアンバーがかかって朱がさして見えるのに対し、朝の斜光はどこまでも白く明るい。

 ミュシャの『朝の目覚め』のような光だ。

 (了)
スポンサーサイト
この記事のURL | 身辺雑記 | ▲ top
| メイン |