「羽衣」と「呂蓮」/(身辺雑記)
- 2014/01/20(Mon) -
 自分で言うのもなんだが、生業が超多忙ななか、超人的な努力をして時間をひねり出し、週末、親しい人と能と狂言を鑑賞に行った。この日の演目は、狂言は「呂蓮」、能は「羽衣」である。

140118_能
▲狂言では、野村万作と野村萬斎の芸を見比べるという、なんとも贅沢な1日であった


 それにしても、「羽衣」でワキの漁夫白龍を演じた殿田謙吉氏の立ち姿は、武芸の熟練者を思わせるような、実に「体幹」の太い、重厚かつよどみのない「形」であった。

 万作・萬斎親子の芸は・・・、その差、歴然。人間国宝は、伊達ではないね。

 (了)
スポンサーサイト
この記事のURL | 身辺雑記 | ▲ top
| メイン |