「両眼打ち」「二本打ち」/(手裏剣術)
- 2014/01/28(Tue) -
■本日の稽古備忘録

 肘がしっかり伸びていないと、手首のスナップに頼ることとなり、結果として首落ちとなる。

 重ね5ミリの翠月剣。軽快な打ち心地で、速度が乗るので刺さり具合もよい。

 両眼打ちの際には、重ね6ミリの剣よりも、こちらの方が打ちよいようだ。

140128_222724.jpg
▲二間座打ち(正座)による両眼打ち。剣と剣の間の広がりは、およそ二寸弱。し
かし実際には、どの程度剣と剣の間が広がるのかは、神のみぞ知るものである


 なお「両眼打ち」というのは根岸流での名称で、今、知新流の伝書を読んだところ、同流ではシンプルに「二本打ち」という名称である。

 ちなみに知新流では、最大で剣を4本まとめて、あらかじめ紙で封じるように巻いておき、それを一打で打つ技を「四本打ち」と呼んでいる。

 これを翠月剣でアレンジして行うのであれば、剣尾の巻物をはずしたものを2~3枚重ねて紙で巻いておき、打てばよいだろう。

 もっとも手裏剣の多本打ちは、思った以上に刺中範囲が広がらないので、そんな細工をするまでもなく、実際にはシンプルな両眼/二本打ちで十分かと思う。それどころか、とりたてて二本同時に打つくらいであれば、一本の剣を、渾身の気概で打ち込むべきであろう。

 武術としての手裏剣術においては、あくまでも多本打ちは、技術研鑽上の方便に過ぎないということを、忘れてはならない。

 (了)
スポンサーサイト
この記事のURL | 手裏剣術 | ▲ top
| メイン |