雨の記憶~特殊な手形による当身/(身辺雑記)
- 2014/06/28(Sat) -
 野天道場である当庵、この季節は雨が降ると稽古はお休みである。

 手裏剣はそうでもないが、刀は雨の日に外で振り回したりすると、すぐ錆びるからネ。

 その昔、暴風雨の日に野外で手裏剣を打ったことがあるが、40g程度の軽量剣が、逆風で押し戻されたことがあった。ま、そんな日に外で稽古などするものではない。


 旧師の稽古場も、野外であった。剣術や抜刀術はもとより、柔術もそこでやるわけで、当然ながら受身も上手くなる・・・、というか投げられても痛くないにように、自分で工夫するようになる。なにしろ、足元は地面またはコンクリートだ。痛いんだよな、当たり前だが(笑)。

 また屋外の稽古場で、脇固めや一本捕りのようなうつ伏せに押さえつけられる業をかけられると、非常に「クツジョクテキ」な気分になる。雨上がりのぬかった地面などでは特にだ。その点、当身で吹っ飛ばされたりするのは、それほど「クツジョクテキ」ではない。痛いけども。

 旧師の元では、多少の雨ではそのまま稽古をしていたが、雨量が多いときは、東屋などで雨をやり過ごしながら稽古をした。野天道場ながらも、基本的に雨天中止ということはなかったように記憶している。もっとも雨が降ると、稽古に来る人も少なかったが。

 しかし、そういう時ほど、旧師に手とり足取り、じっくり指導してもらえるので、私は雨の日は勇んで稽古に出たものである。もう、30年近く前の話だ・・・。

 記憶をつらつらとさかのぼると、そんな雨の日の稽古で、やはり旧師と自分だけで柔術の稽古をしていたときに教えていただいた当身と、その口伝を思い出す。

atemi syuusei
▲27年前の覚書。剣術、抜刀術、柔術と、とにかく覚える業が多かったので、稽古後に覚書をまとめるのは必須だった


 この手形による当身は、主に受けや離脱法に使うものだ。

 柔術の当身は仮当がメインであり、速度を重視することや当てた後に投げや極めにつなげるため、空手道や拳法のように鍛錬によって打撃力そものものを上げるというよりも、手形の工夫で威力を高めていることが多い。

 (昨日、杖の初心者向け教室で、杖の形にも当身があるのだとご指導をいただきちょっと驚いた。ま、もともと武芸なのだから、当たり前といえば当たり前だけれども。杖を保持したまま拳を当てるというもので、空手道で言うところの「山突き」と同様だね。いやあ、非常に興味深い・・・)

 さてこの手形、実際にやってみると、こんな感じである↓

140628_120442.jpg
▲遣い方は口伝なので、ヒミツである(爆)。とりあえず、これで当てられると、たいへんに痛い・・・


 現在、翠月庵の表芸は手裏剣術であり、こうした師伝の柔術はもうずいぶん稽古をしていない。時折、参考程度に解説するくらいである。

 このまま業を埋もれさせるのももったいないなあとも思うが、さりとて柔術については、私が学んだのは形を24本ほどと付随する口伝をいくつかで、人様に指導するほど体系だったものとして学んではいないし、そもそも業そのものもだいぶ忘れてしまっているので、まあ、仕方がないかなと思う。

 「術」というのは、かくも失われやすいものということか。

 (了)
スポンサーサイト
この記事のURL | 身辺雑記 | ▲ top
| メイン |