夏の記憶/(身辺雑記)
- 2014/07/30(Wed) -
 暑い。

 エアコンを効かせた室内の稽古場(自宅リビング)で居合を遣うだけでも、汗だくになる。ましてや、屋外の稽古場で手裏剣を打てば、もう意識朦朧という今日この頃である。

 つらつら思うに、その昔、昭和時代の稽古場では真夏でも「水を飲むな。なぜならバテるから」などと指導されたものだが、今の時代、そんなことをしたら熱中症でバタバタと倒れてしまうであろう。

 しかし、水を飲ませてもらえなかった昭和時代の稽古で、そんなに人がバタバタ倒れていたかというと、そうでもなかったような気がする。もっとも、30年前と今では、気温そのものが違うのだから、比較のしようもないのか。

 恐るべし、地球温暖化・・・。

          *  *  *   *  *  *  *  *  *  *  *  *  

 夏、そして稽古というと思い出すのは、高校3年の夏休みだ。

 当時、住まいのある伊豆から、旧師が指導をしていた関東某所の稽古場まで、往復6時間の距離を週に1回、稽古に通っていた。

 そんななか夏休みということで、旧師の高弟で大先輩であるMさんとTさんが、「よかった泊り込みで、自主稽古においで」と誘ってくださった。

 MさんとTさんは、旧師高弟のなかでも実戦派の筆頭で、私のようなペーペーのヒヨコが親しく声をかけてもらえるような存在ではなかった。それどころか、お二人ともその強さ、稽古の荒っぽさで他の生徒たちからは非常に恐れられており、「実はあの二人は、稽古中に誤まって人を殺したことがあるらしい・・・」などという、今考えると笑ってしまうようなデマさえ、まことしやかに流れるほどであった。

 そんなお二人に名指しで誘っていただいた、まだ17歳の私は、ある種悲壮な覚悟をしつつ(苦笑)、両先輩方の夏の自主稽古に参加した。

 ま、蓋を開けてみれば何のことは無い、昼間は両先輩に、手取り足取りみっちり稽古をつけていただき、夜には尽きることの無い武術談義を聞かせていただく、驚くほど充実した、武術を志す少年にとっては夢のような数日間であった。


 後年、旧師のもとを去って以来、MさんにもTさんにもお会いする機会が無く、すでに20年以上が過ぎてしまったが、あの夏の稽古の日々は、今も忘れられない思い出だ。

140730.jpg

          *  *  *   *  *  *  *  *  *  *  *  *  

 過日、地元の夏祭りを見に行った。

 夕暮れ時、あかりを灯した出店が軒を連ね、神輿が通りを練り歩き、人々が往来を行き交う、いかにも夏祭りらしい風景を楽しむことができた。

 暑い暑い夏も、それはそれでよいものかもしれない。 

140720_210124.jpg


 (了)
スポンサーサイト
この記事のURL | 身辺雑記 | ▲ top
| メイン |