中河内/(身辺雑記)
- 2014/09/23(Tue) -
kunisuke1.jpg

 本阿弥光遜の鞘書が付いた、二代目河内守国助(佐村河内守ではない、念のため・・・)、二尺三寸四分が売りに出ていた。(http://www.hyozaemon.jp/nakakawati2.htm

 値(あたい)は230万円ナリ!

 河内守国助といえば、かの秋山小兵衛先生や、本所の鉄の差料でもあったことで知られる。

 池波師は、新刀がお好みだったようだ。


 しかし国助、いいねえ。

 ・・・・・・いやいや、私には昭和の剛刀・監獄長光があるではないか。

 惑わされてはいかん、いかん。

 ま、そもそも、そんな大金ないけどな(爆)。

 (おしまい)
スポンサーサイト
この記事のURL | 身辺雑記 | ▲ top
| メイン |