貫級刀を手裏剣に打つ/(手裏剣術)
- 2014/09/29(Mon) -
 昨日購入した貫級刀を、手裏剣に打つ。

 二間座打(正座)、打法は無滑走二点打法。

140929_223610.jpg


 当初の予想通り、いや予想以上に打ちやすい。

 以前、小柄小刀が手裏剣に打てるのかを検証したことがある。

「小柄は手裏剣に打てない?」http://saitamagyoda.blog87.fc2.com/blog-entry-453.html

「小柄は手裏剣に打てる」http://saitamagyoda.blog87.fc2.com/blog-entry-454.html

 こうした経験から貫級刀と小柄小刀を比較すると、当然ながら貫級刀は小柄小刀に比べ、はるかに手裏剣として打ちやすい。

 二間座打で六寸的に刺さるので、立打であれば三間尺的は余裕であろう。少し熟練すれば、四間でも十分に通せると思われる。

 貫級刀は、小柄小刀に比べると、長さはそれほど変わらないものの、重さが十分にあること(71グラム)、また柄と刃部が一体になっていることもあり、ほとんど棒手裏剣と同じと言っても過言ではないので、まあ手裏剣術者が打てば刺さるのは、当たり前といえば当たり前だ。

 座打でひょいと打っても、二寸近く的に刺さり威力も上々である。

140929_224035.jpg


 というわけで、貫級刀は、十分に手裏剣として打てることが分かった。

 手裏剣術者としては、後学のためにも可能であれば三本くらいは持っておきたいが、前回のブログで書いた通り、現代物の写しが入手困難となっているのは、たいへんに残念である。

 (了)
スポンサーサイト
この記事のURL | 手裏剣術 | ▲ top
| メイン |