行く道は精進にして・・・/(手裏剣術)
- 2014/11/29(Sat) -
 「行く道は精進にして、忍びて終わり悔いなし」

 先日逝去された名優・高倉健さんが、生前、天台宗の酒井雄哉阿闍梨から授り、座右の銘にしていた言葉だ。

 これは『大無量寿経』に説かれている「我行精進 忍終不悔」(行く道は精進にして、忍びて終わり悔いなし/たとえどんな苦難にこの身を沈めても、耐え忍び修行に励んで決して悔いることはない)という一文である。

 手裏剣術者として武芸の世界の末席に控える私も、斯術の稽古に臨んでは、このようにありたいと思う・・・。



 突然だが、結庵から7年2ヶ月に渡って行ってきた行田での定例稽古会は、諸般の事情により稽古場の使用が難しくなったことから、本日をもって終えることとなった。

 まずは7年以上という長期に渡って、貴重な場所を稽古場として提供してくださった家主様に、この場を借りて改めて御礼申し上げます。 

 翠月庵一門、目録以上の者全員が、手裏剣術の直打で七間以上を通せるようになったのも、広々とした行田の稽古場があったればこそです。

 本当にありがとうございました。



 さて、残念ながら本日の時点では、まだ稽古場の移転先は決まっていない。

 このため当面の間は、目録以上の稽古者については暫定的な稽古場での臨時稽古、新規入会者や切紙以下の者については拙宅での個人指導とする。

 できるだけ早く新しい稽古場を確保し、これまでと同様の定例稽古を再開すべく努力をするが、何しろ手裏剣術の稽古において最も困難なのは、「稽古ができる場所を確保すること」である。容易には見つからないことは、覚悟の上だ。

 しかし私としては、「手裏剣術伝習所 翠月庵」を閉じるつもりはまったくない。

 たとえ、移転先が見つかるまである程度の時間がかかったとしても、必ず新しい稽古場を見つけ、再び定例の稽古会が開催・継続できるよう全力を尽くす所存である。


                 *  *  *  *  *  *  *  *  *  *


 新しい稽古場が見つかるまでの間、会員諸子や関係者の皆さんには、ご不便やご迷惑をおかけすることとなりますが、ご容赦ください。

 また有料・無料を問わず、首都圏内で手裏剣術稽古のために貸していただけるような空き地や空き倉庫、空き家、貸し道場や貸しスタジオなどについての情報がありましたら、翠月庵事務局(メール:s_jyusyo-bugakuclub@yahoo.co.jp  ※アンダーバーの後は「i(アイ)」ではなく「j(ジェイ)」です!)宛にお教えいただけると、たいへんうれしく存じます。

記念2
▲平成26年9月、結庵7周年の行田稽古場にて。翠月庵一門


  大道無門

  千差路有り

  此の関を透得せば

  乾坤に独歩せん

  (了)
スポンサーサイト
この記事のURL | 手裏剣術 | ▲ top
| メイン |