降誕祭狂想曲/(身辺雑記)
- 2014/12/26(Fri) -
 今年はクリスマス前に少し長い休みをとり、親しい人とゆっくりと過ごした。

 こういう時期なので、旨い物を食べようと、肴には秋穂の活き車エビを取り寄せて刺身と塩焼きで、広島産のカキは焼きカキで、さらに瀬戸内の珍味・姫貝も用意した。酒は〆張の純。食後酒はラフロイグ。

 楽天で鴨肉のブロックを仕入れ、鴨なべも堪能した。仕上げは当然、鴨せいろ。また少し早いクリスマスケーキは、自家製チーズケーキ。

 そうそう、ふぐ刺しも、なかなかの美味だった。

 いずれの料理も、いや、じつに旨かった。

1412_クリスマス


 さらに休暇中、江戸に外出した際には、八重洲の地下で「伊達の牛タン」を、上野エキュートの「まぐろ一代」で寿司を、さらに地元では隠れた名店2つ「奥州 仙台家」で牛タンと「やきとり市場」で宇宙イチ旨いカシラも堪能。

 まさに「酒池肉林」(!?)の数日間を過ごしたわけだ。


 これだけ連日、美食にふけると、気になるのが体重である。

 実はここ数ヶ月間、思うところがあり減量にいそしんでおり、夏に比べて7kgほど体重を減らしていたのだが、クリスマス前の美食で、さぞかし体重が増えたと思われる。

 ・・・がしかし、休暇明けのクリスマスイブから体調を崩し、結局、今朝まで体調不良で、足掛け2日間、ほとんど食事もとらなかったことから、体重は微増であった(苦笑)。

 どういうわけか、私はここ20年来、クリスマス前後に、必ず体調を崩すのが恒例となっている。年末になって気が緩むからなのだろうが、たいがいこの時期に、風邪など引いて寝込んでいることが多いのである。

 幸い今年は、美食三昧の休暇を楽しんだ後での風邪だったので、よかった、よかった。


 というわけで、明日は翠月庵の稽古納めである。万全の体調で、今年の稽古を締めくくりたいものだ。

 (おしまい)
スポンサーサイト
この記事のURL | 身辺雑記 | ▲ top
| メイン |