稽古と体格差/(武術・武道)
- 2015/01/29(Thu) -
 自慢じゃあないが、私は「チビ」である(爆)。

 このため、足掛け33年間の武術・武道生活で、自分よりも小さい相手と形稽古や組手をしたことは2~3度しかない(当然ながら、子供たちとの稽古などは別の話である)。

 たとえば空手道の試合組手では、いままでで一番「デカイ」相手は、オランダ人の五段の師範で、180センチ以上あったと記憶している。ちなみに流派の全国大会で対戦したのだが、試合結果は前蹴り、背刀打ち×2本で3本連取して、私の勝ちであった。エッヘン!(笑)。

 もっともその翌年には、またその同じ相手と組手試合で対戦することとなり、たしか5-0くらいであっという間に私が負けてしまった・・・・・・。たぶん前年、私のような「チビの日本人」に負けたことが、彼には相当悔しかったのであろう。


 このように、私のような「チビ」は、そもそも平素から自分よりも「デカイ」相手としか稽古をしないので、組手でも形稽古でも、身長差はほとんど気にならない。

 それどころか形而上的には、そもそも自分のことを「チビ」とは実はまったく思っていないので、身長や体重の差を意識することがないでのある。これは体格の劣る武術・武道人にとって、非常に重要な「心法」である。

 もっとも、プロレスラーみたいな、並外れて「デカイ」のが相手の場合は、さすがに体格差は意識するけれどもネ。


 打撃系でも組み技系でも、あるいは徒手武術でも武器術でも、基本的に武術・武道においては、身長の高さ、四肢の長さ、体格の良さというものは、ア・プリオリに有利である。私の武友であるA師範は、「いままでの武道人生で、自分よりも身長の低い相手に試合で負けたことがない」とおっしゃっていたが、それは一般論として当然のことである。

 だからこそ体格に恵まれない者は、「デカイ」相手に勝つために、さらに稽古に励むのである。


 昨日の空手の稽古では、身長180センチほどある初級者と約束組手の稽古を行ったのだが、なにしろ「チビ」の私が相手のため、実に稽古しづらそうであった。身長差が20センチ近くもあるため、打突位置が定まらずにブレるのである。

 思うに、初級者レベルの者に対して、特に打撃系の武術・武道の相対稽古では、なるべく双方の身長差が少なくなるよう配慮してやる必要があるだろう。そうしないと、中段なら中段、上段なら上段と、基本的な正しい打突部位への突き蹴りが乱れてしまうからである。

 これは打撃系の武術・武道のみならず、柔術などの形稽古においても、初心者については、あまり体格に差がある者同士を組ませて稽古をさせてしまうと、余計な力みや姿勢のゆがみが出てしまい、上達を阻害することになりかねないと思われる。

 ただし当然ながら、初級レベルを過ぎた稽古者については、打撃系でも組み技系でも、あるいは武器術においても、身長・体格の異なるさまざまな相手との相対稽古を十分に繰り返すことが重要であるのは、言うまでもない。

 ことに、「自分よりも身長・体重の大きな者」との形稽古や地稽古、組手は、千変万化する間合の攻防といった技術的な面はもちろんだが、なによりも、

 「相手が誰であっても動じない胆(ハラ)を練る」

 という意味で、怖れることなくことなくみっちりと行う必要があるだろう。

 (了)
スポンサーサイト
この記事のURL | 武術・武道 | ▲ top
| メイン |