深夜の稽古/(武術・武道)
- 2015/06/28(Sun) -
■本日の稽古備忘録

 単行本と対談原稿の締め切りが重なり、やむを得ず土曜の定例稽古は休み。23時過ぎにようやく仕事がひと段落したので、いつもよりも長めに自宅稽古。

 ただし、この時間、外で木太刀や杖を振り回したりすると、巡回中のお巡りさんに声をかけられそうなので屋内にて。

 時間が時間なので、下の部屋から苦情がこないように、飛び違えてもふわりと着地するように稽古するのが、ちょうどよい負荷のかかる鍛錬になる(苦笑)。

・手裏剣術/二間座打、正座と跪坐での打ち分け。手裏剣術の三殺法と肘の伸ばし具合に留意。

・柳剛流/居合。基本となる一本目・向一文字を丁寧に。右行、左行、後詰の体捌きもじっくりと。
     /剣術。形、備之伝、備フセギ伝のおさらい。
     /突杖。初太刀をいかに正しく捌くかに留意。杖の伸び縮み、彼我の間合いも考慮のこと。

150628_001532.jpg
▲二間座打(正座)で、三寸的を板金を打つ心持にて


 さて、風呂入って晩酌して寝よう。

 明日は対談のテープ起こし(所要2時間)のあと、単行本の原稿17枚(所要9時間)・・・・・・。泣けるゼ。

(了)
スポンサーサイト
この記事のURL | 武術・武道 | ▲ top
| メイン |