杉浦日向子の『合葬』/(書評)
- 2015/07/10(Fri) -
             gassou.jpg


 杉浦日向子が鬼籍に入ったのは、ちょうど10年前、行年46歳だった。

 気がつけば、自分がその歳になっている。いやはや・・・。


 幕末、彰義隊に投じた3人の青年の姿を描いた漫画『合葬』は、杉浦作品の中でも特に好きでしばしば手にとって読む。

 この人はもともと時代考証家を志していたそうで、漫画家として名を成した後、実際に時代考証家としても活躍しただけに、本作でも江戸の風俗描写が全体としてうそ臭くない(重箱の隅をつつきだしたらきりがないだろうが)。

 部屋で浴衣をだらしなく着崩しながら、新内のCDをBGMに冷酒片手でこの作品を読んでいると、なんとなく江戸の世に迷い込んだような気分が楽しめる。


 彰義隊といえば、柳剛流の剣士も数多く、その戦いに身を投じたという。

 幕末の柳剛流を代表する剣客・岡田十内叙吉は本郷森川町と郷里の下戸田に稽古場を開き、その門弟は1,200人とも1,400人ともいわれた。

 上野戦争においては、十内の門弟が幕軍側に約300名、官軍側には約200名参加したと伝えられ、なかでも幕府陸軍調役で彰義隊頭取となり上野で戦死した伴門五郎は、そういった柳剛流剣士の代表格として後の世に伝えられている。


 ところでこの『合葬』という作品、映画化されてこの秋公開されるということを、ほんの数日前に知った。

 もうひとつの杉浦漫画の傑作である『百日紅』がアニメ映画化されたばかりだが、最近、杉浦日向子ブームなのか・・・?

 ま、イケメンに擬人化した日本刀が流行るというのも悪かあないだろうけど、杉浦作品がこれからもより幅広い世代に読みつがれる方が、個人的にはうれしい。

 (おしまい)
スポンサーサイト
この記事のURL | 書評 | ▲ top
| メイン |