アメリカン・スナイパー/(映画)
- 2015/07/17(Fri) -
1507_アメリカンスナイパー

 戦争を美しく語るものを信用するな、彼らは決まって戦場に行かなかった者なのだから。(クリント・イーストウッド)


 遅ればせながら、クリント・イーストウッド監督作品である『アメリカン・スナイパー』をオンデマンドで鑑賞。

 WWⅠを描いた『西部戦線異状なし』からイラク戦争が舞台の『ハート・ロッカー』まで、戦場体験の過酷さを描いた映画には名作が数多いが、本作もそれらと並び映画史に残る作品となることは間違いないだろう。

 帰還兵と心的外傷後ストレス症候群(PTSD)の問題は、古くはシェル・ショックや戦争神経症への対応として始まり、ベトナム戦争後、米国精神医学界で本格的に研究されるようになった。

 日本でも、PKOやPKFが実施されるようになって以降、紛争地から帰還した自衛官のPTSDや、それに伴う自殺数の増加が問題となっている。


 1992年、私はアラスカのユーコン河流域を1ヶ月ほどぶらつき、その後グレイハウンドでポートランドからL.A.まできままな旅をしたのだが、この旅で初めて親しくなった友人が、ベトナム帰還兵であった。

 当時、すでにベトナムからアメリカ軍が撤退して19年が過ぎていたにもかかわらず、彼はいまだに定職に就かず酒びたりで米国各地を放浪していた。

 アンカレッジの安宿で、ブコウスキーよろしくだらだらと酒を飲みながら2日間ほど共に過ごしたのだが、彼の語るベトナムでの戦争体験が、私が始めて接したリアルな戦争のよすがであり、「veteran」という言葉が、退役軍人を意味することを初めて知ったのも、このときであった。


 昨日、安全保障関連法案(安保法案)が、衆院本会議で可決された。

 (了)
スポンサーサイト
この記事のURL | 映画 | ▲ top
| メイン |