DVという「病い」/(時評)
- 2015/09/11(Fri) -
 過日、DV(ドメスティック・バイオレンス)防止法施行から15年ということで、仕事で専門家に話しを聞いた。

 DVの相談件数は年々増加傾向にあるというが、そもそものところで家庭内等での日常的な暴力がDVと認知されたのはここ10数年のことであり、潜在的な実態が、防止法の施行と社会の認知によって顕在化した結果が、こうした増加傾向にあるのではないかという。

 妻から夫へのDVというものも稀にはあるが、基本的にDVの大多数が、夫から妻への身体的・精神的暴力である。

 その際、多くのDV夫が口をそろえて言うのが、

 「殴ったのは良くないかもしれないが、自分を怒らせる妻も悪い」

 という弁明だという・・・。

 客観的に考えれば、これはまったく言い訳になっていないことは一目瞭然だ。


 「殴ったのは良くないかも知れないが、自分を怒らせる妻も悪い」

 「蹴りを入れたのは良くないかもしれないが、自分を怒らせる妻も悪い」

 「半殺しにしたのは良くないかもしれないが、自分を怒らせる妻も悪い」

 「包丁を突きつけたのは良くないかもしれないが、自分を怒らせる妻も悪い」

 「殺したのは良くないかもしれないが、自分を怒らせる妻も悪い」


 とまあ、こんな理屈以前の理屈が認められたら、世の中なんでもありになってしまうであろうことは、錦糸町のキャバクラのお姐さんたちでも分かる、社会の道理というものだ。

 「人を殴ってはいけません」というのは、社会の倫理として最も基本的な了解事項であり、幼稚園児くらいのときにはすでに理解しているべきことなのだが、DV男(ま、女でもいいけど)は、「自分だけは、それが許される」と勘違いしているところに、病根の深さがある。

 また、多くのDV夫は、「夫の方が妻より偉い」「妻は夫を最優先にすべきだ」という価値観が強く、自分と同じ価値観を妻も持つべきだと、強く信じている傾向にあるという。

 「他者も、自分と同じ価値観を持つべき」という同質性の強要は、人種差別主義者や排外主義者にもよく見られるものだ。

 さらに、多くのDV夫は、「家庭の問題であるから、口を出すな」との言い逃れをよくするという。

 しかし、DV防止法の施行によって、

「(DV防止法では)配偶者等からの暴力を「暴力」と認め、かつ、それが「犯罪となる行為をも含む重大な人権侵害」だと規定し、暴力や人権侵害の根絶を図るために、保護命令制度の規定、婦人相談所(千葉県では女性サポートセンターになります。)や婦人相談員の位置付け、関係機関相互の連携協力の義務付けなど、被害者支援のための仕組みを規定」(千葉県ホームページより)

 することにより、DVは単なる家庭内の問題ではなく、社会の問題として扱われるようになっているのである。


 一方で、武術・武道という人間の暴力を扱う専門の立場から考えると、DV傾向のある人間というのは、何かに対する恐れが過剰なのであるまいか。

 一見、最も身近な人間ながら、本質的には他人である妻に、無条件で自分のすべてを受け入れてほしいという、ある種の幼児性が成人後も解消されないというのは、本人のアイデンティティに何か大きな不全があるのかもしれない。

 さらに「武徳」や「修身」という観点から考えると、DV男というのは、己よりも圧倒的に立場や力の弱い相手である女性に対して暴力をふるうことで、己の承認欲求を満たそうとし、あまつさえそれを身勝手な理屈で正当化するという、いわば、

 人間のクズ

 なのだから、そのふるった暴力に見合った刑罰を受けるなり、心療内科や精神科の治療を受けるなりして、本人の家族はもちろん、地域社会全体にも迷惑をかけないようにしていただきたいものである。


 「子どもは成長に伴って抑制力を身につけ、一つの行動を持続できるようになります。強い心とはよけいな刺激に惑わされないこと、優しい心とは自分の行動を抑えて他人を受け入れることです。心を育むとは抑制力をつけることと言えますが、一方で、抑制を上手に解くことにより、創造的な行動が生まれます」信州大学繊維学部助教・森山徹

 (了)
スポンサーサイト
この記事のURL | 時評 | ▲ top
| メイン |