ツタヤ図書館的薄っぺらな世界/(時評)
- 2015/11/14(Sat) -
 先週は流祖墓参の折りに幸手の市立図書館へ、今週は都内での打ち合わせの帰りにさいたま市立中央図書館に立ち寄り、それぞれで以前から目をつけていた柳剛流関連の貴重な資料を入手することができた。

 ■幸手市立図書館で入手した資料
 『幸手市史 通史編Ⅱ』/「第二章 明治期の教育と文化・生活 二 柳剛流の発展」
 『幸手市史調査報告書 第10集 村と町-往時の幸手-』/「吉田村誌 第三節 武術家」
 『幸手市文化遺産調査報告書 第2集 幸手の石造物Ⅱ -吉田地区-』

 ■さいたま市立中央図書館で入手した資料
 『浦和市立郷土博物館研究調査報告書 第7集』/「綱島家の剣術について」(山本邦夫)
 『蕨市立歴史民俗資料館紀要 第6号』/「雑誌并見聞録」(小林雅助)

 なかでも、 『幸手市史調査報告書 第10集 村と町-往時の幸手-』に掲載されている「吉田村誌」は、大正7(1918)年にまとめられた筆書きの郷土史で、流祖・岡田惣右衛門奇良の生涯についての、たいへん貴重な一次資料である。流祖が18歳で葛飾郡惣新田から江戸へ出たこと、本家は流祖の弟が家督を継いだことなどは、この資料によって始めて明らかになったものだ。

 また 『蕨市立歴史民俗資料館紀要 第6号』に掲載されている「雑誌并見聞録」は、明治40(1907)年に記された蕨地区の郷土資料で、柳剛流を代表する剣客・岡田十内の来歴に関する重要な記述が示された一次資料である。

 剣術史家の辻淳先生は、従来別人とされてきた、十内の師である今井右膳と林右膳が、どうやら同一人物であるという点を指摘している。その根拠となってるのが、この「雑誌并見聞録」に記された証言なのである。

 これらはいずれも実技に関する資料ではないが、流儀の歴史に関するたいへん重要な資料であり、それらを味読できるのはなんともうれしい。

 さて、それぞれの資料についてのレビューなどはいずれ機会を改めてしようかと思うが、ここで話は武雄市や海老名市、小牧市などで話題になっている「ツタヤ図書館」問題へ飛ぶ。



 武雄市の図書館問題で一番腹立たしいのは、ツタヤの関連会社から仕入れたクズ同然の古本を収蔵するために、国会図書館にも収蔵されてない貴重な郷土史の資料を捨てててしまったということだ。この図書館の運営者であるツタヤの親会社は、公立図書館の管理者として常軌を逸しているとしか思えない。

 社会的使命を忘れ利益を最優先する民間企業、それに寄生して甘い汁を吸ういかがわしい政治家、何ごとにも事なかれ主義の地方公務員、こうした人々が集まった結果が、武雄市のツタヤ図書館問題なのである

 ちなみに、このツタヤ図書館を企画し建設を主導した前市長は、現在、ツタヤの関連会社に天下りしているそうな。時代劇風にいえば、引退した悪代官が越後屋の番頭になったということかね・・・。

 思うに、今後も全国各地で「民間委託」「規制緩和」という耳障りのよい言葉のもとで、図書館だけでなく地域のさまざまな公的サービスが、利益最優先の民間企業主導の施策で次々に劣化・破壊されていくことが予想される。

 そもそも図書館はおしゃれである必要はないし、カフェも要らない。お茶が飲みたきゃ、自販機置おいときゃあいいんだ。

 そういう「うわっつら」ではなく、本来あるべき図書館としての機能をより高めていけばよいだけの話だし、そういう理念を共有できる、三方よしの近江商人のような社会的使命を理解しているまともな民間企業に、地域の公共事業を委託すべきだろう。

 武雄市のツタヤ図書館運営者の行為は、人類の知や文化・芸術への冒涜としか思えない。

 全国の図書館がみなツタヤ図書館のようになってしまったら、 なんとなくおしゃれで明るい、けれど薄っぺらで深みのない館内そして蔵書の中で、「吉田村誌」や「雑誌并見聞録」のような資料は、他県のラーメン食べ歩きや年度落ちの資格の古本を仕入れるために、ごみとして捨てられてしまうのか・・・・・・。

 そんな「ツタヤ図書館的薄っぺらな世界」が、これから全国各地で出現するのかね・・・・?

 いや、幸手市立図書館やさいたま市立中央図書館の運営者や職員の方々、また幸手市民やさいたま市民は、そんな愚か者ではないことを信じたいものだ。一方で、うちの地元の図書館は・・・・・・・、いろいろあって、はなはだ不安である。


 とりあえず私は、今後もひとりツタヤ&ブックオフ不買運動、ひとり地域の書店&古書肆応援運動を続けていく所存である。

 ま、どうせツタヤには、『図解 手裏剣術』とか『日本剣道史』とか、あるいは『オースティン・スペアの魔術』とか『易学通変』とかは置いてないからな。

 あと、ひとりTポイントカード拒否運動も続けていこうと思う。

 つうか、レジで支払いをするたんびに、「Tポイントカードはお持ちですかあ~」と聞かれると、ほんとイラッってくるんだよな。Tポイントカード持ってません・いりません・くそくらえカードとかないのかね・・・。

 あ、ちなみに今、私はシラフです。酔っ払ってませんよ、念のため・・・・、これから飲むケド(爆)。

 (完)
スポンサーサイト
この記事のURL | 時評 | ▲ top
| メイン |