呑新睡春/(身辺雑記)
- 2016/01/03(Sun) -
 今年の正月は、呑んでは眠り、目覚めるとひと風呂あびてまた呑み、そしてまた眠り目覚めれば風呂に入るという、実に贅沢かつ充実した日々を過ごした。

 これぞ日本のお正月、酒呑みに生まれて良かった。

151231_194225.jpg
▲元日の朝、御屠蘇と焼き椎茸で目覚めの一献。酒器は、大切な一献には欠かせない萩焼の大家・十二代田原陶兵衛作、箱書き付きの逸品である


 元日は午後から、都内の甥っ子の家に呼ばれて新年会。ご馳走をいただきつつ、4歳児とプロレス、相撲、チャンバラの三十番勝負で、伯父さんはヘロヘロに・・・。

160101_153113.jpg
▲昨年から剛柔流空手道の稽古を始めた甥っ子と記念の一枚。伯父さんは流派が違うので、大きくなったら転掌の形を教えてくれたまえ


 2日は地元の神社へ初詣。私は行列ってやつが大嫌いなのだが、正月ぐらいはしおらしく並び、今年一年の武運長久と無病息災、商売繁盛を祈願する。

160102_154417.jpg
▲地元である旧宿場の鎮守の神社。小ぢんまりとした社で、普段からよく参拝する


 初詣の後は、すぐ近くにあるデパートの初売りへ。地下の食品売り場で樽酒の量り売りがやっていたので、早速1本購入。売り手の姐さんが、なみなみとついでくれた。ありがたし。

 160102_155038.jpg
▲樽香も芳しい、樽酒の量り売り。銘柄は越後の越の誉だという


 せっかくなので、同じデパート内にある和雑貨店で、三島手の馬上杯を1つ購入。見込みに翠色のギヤマンがかぶせてあり、酒をそそぐとほんのり翡翠色になるのがなんとも雅だ。

160103_130615.jpg
▲愛用の根来の片口に樽酒を満たし、新しい杯で一献。淡く染まる翡翠色がいい。なにしろ翠は、“オレの色”だ(笑)


 正月2日も3日も、杯を傾けながら、寒鰤やらラフテーやら、河豚やら鯊やらと好きな肴をつまみつつ、兵頭二十八師の『新しい武士道』や『新解 函館戦争』などをつらつらと再読。

 そのまま、いつの間にか酔ってうとうととひじ枕で眠ってしまい、目覚めるとひと風呂浴びて、また杯を傾けるを繰り返す。

 嗚呼、これぞ至福のひと時・・・・・・。

 日本の正月は、いいねえ。

 (おしまい)
スポンサーサイト
この記事のURL | 身辺雑記 | ▲ top
| メイン |