修了式/(武術・武道)
- 2016/03/23(Wed) -
 本日は県立武道館主催の空手道教室の、平成27年度の修了式であった。

 稽古の後、ちびっ子たちや壮年の初心者の方々への、昇級の証書や修了証書の授与式が行われた。皆さん、それぞれに喜びの表情を浮かべていたのが印象的であった。

 ちなみに私はもう、空手道では昇段をするつもりはない。

 なにしろ日々の稽古や研究は、古流武術と手裏剣術で手一杯だ。

 おまけにアラフィフともなると、人生の残り時間にも限りが見え隠れしてくるので、それらの時間はすべて古流武術と手裏剣術の稽古に注ぎたいと思っている。

 ゆえに、空手道はあくまでもたしなみということで、私は永遠の弐段でいいのだ(笑)。

 とはいえ、あまり腕が錆付くのも癪なので、週一回のこの教室での稽古は、今後も細く長く続けていきたいと思っている。


 修了式前の稽古では、久々に糸州流のN先生にバッサイ大を見ていただき、さらに分解解説の際には受けを拝命。揚げ突き、関節蹴りからの投げなどの受けを取らせていただく。こういう機会が、とても勉強になる。

 古流武術や手裏剣術とはまた違った意味で、やはり空手道の稽古も楽しいものだなと、しみじみ実感した春の夜であった・・・・・。

 (おしまい)
スポンサーサイト
この記事のURL | 武術・武道 | ▲ top
| メイン |