30 years ago/(身辺雑記)
- 2016/04/06(Wed) -
1603_柄巻3

 柄糸が切れてしまったので、巻き直しに出していた居合刀が本日帰還。

 この居合刀は、16歳の時に先師にいただいたもので、かれこれ30年ほど稽古に使っている。

 30年・・・・・・。

 最近、武術関係にしても、仕事関係にしても、ふと気がつくと、その場で自分が一番年長というシチュエーションになっていることがしばしばある。

 取材などで地方に行った際、夜の宴席でディレクターやプロデューサーに上座を譲ろうとすると、「いや、そこは年功順ということで」などといって席を譲られてしまうと、我ながら「なんだかなあ・・・・・・」と複雑な気分だ。

 謙遜とかではなく、さりとて若作りをしたいというわけでもなく、純粋に自意識としての年齢感と己の実年齢が一致せず、そのギャップを突きつけられて呆然あるいは愕然としてしまうことが、最近は少なくない。

 ま、年齢を重ねるというのはそういうことなのか。

 (おしまい)
スポンサーサイト
この記事のURL | 身辺雑記 | ▲ top
| メイン |