流祖生誕251周年/(柳剛流)
- 2016/04/21(Thu) -
 本日は旧暦の3月15日。

 今を去ること251年前の今日、明和2(1765)年3月15日、武州葛飾郡惣新田の豊かな農家にひとりの男の子が産まれた。

 幼名を惣右衛門と称し、長じて奇良(よりよし)と号す。

 幼くして文学を志し、またよく剣術を好む。

 家を弟の定助に譲り、18歳の時に家を出て江戸に向かい、伊庭軍兵衛直保の高弟・大河原右膳の元で心形刀流を学ぶ。

 積年の修行から廻国武者修行をへて深く剣の心妙を悟り、ついに「断脚之術」を加えて柳剛流と号す。

 その武名は海内に震い、一橋家の剣術師範役となる。

 さらに神田お玉ヶ池に教場を開き、その門人は数千に達したという・・・・・・。



 柳剛流の祖・岡田惣右衛門奇良の生誕から251年後の今、当流極意の柳剛刀を錬成できる喜びと、その責任の重さを痛感する。

IMG_0902_柳剛流剣術
▲柳剛流剣術「右剣」(打太刀・小佐野淳先生、仕太刀・瀬沼健司)

 ■参考文献
 「吉田村誌」/『幸手市史調査報告書 第十集 村と町・往時の幸手』(幸手市教育委員会編)

 (了)
スポンサーサイト
この記事のURL | 柳剛流 | ▲ top
| メイン |