本部にて柳剛流の稽古/(柳剛流)
- 2016/05/24(Tue) -
 一昨日の日曜は、水月塾本部での稽古であった。

 師に打太刀をとっていただき、柳剛流の剣術・突杖・居合・長刀の形を行ずる。

 どうも私は、柳剛刀の一手である「中合剣」の足捌きを誤りがちで、目下、これが大きな課題だ。この形単体では特に問題はないのであるが、一連の剣術形を続けて行っていると、この「中合剣」の足捌きをどうも誤りがちなのである・・・・・・。

 また剣と杖いずれも、間合の取り方において打方と近くなりがちなクセを師に正していただく。とかく相手に接近したがるのが、私の悪い傾向だ(苦笑)。

 居合では二尺七寸の刀をお借りして、一本目の形「向一文字」での足捌きと斬り下ろしの際の太刀筋について、手直しをしていただいた。


 稽古後半は、水月塾制定日本柔術、初伝逆投を二手、中伝逆取を一手、ご指南いただいた。

 柳剛流だけでなく、日本柔術の稽古も楽しく興味深い。自在に当て、投げ、極める稽古は、武器術とはまた異なるフィジカルな感覚、さらに直接的な護身術の鍛錬としても、やりがいがあるものだ。


 稽古後、師より仙台藩角田伝柳剛流、切紙の印可をいただいた。

 身の引き締まる思いとともに、さらに当流の精進と調査・研究を進めなければならぬと心に誓った次第である。

160522_163204.jpg

 (了)
スポンサーサイト
この記事のURL | 柳剛流 | ▲ top
| メイン |